とても長いつわりでした。

長女を妊娠した時の話です。最初、つわりは吐くのが大変だけど、ほんの数ヶ月の辛抱だと思っていました。
しかし、日によって家事も出来ない程吐き気に悩まされたり、外で食べ物の匂いを嗅いだ途端に吐いたりと、症状の重さに戸惑う事が多かったです。
幸い、主人も職場の人も気遣ってくれたのもあり、食べれるものだけ食べて、無理ない程度に動く生活が出来たので、何とか乗り越えられたと思います。
だいたい3ヶ月くらいで、つわりは落ち着くと見聞きしていたので、その頃には好きなものたくさん食べたい!と張り切っていました。
しかし残念ながら、私のつわりはお産直前まで続いたのです。
長く続く吐き気の為、ずっと主人には一人で食事して貰ったり、家事を手伝って貰ったり、負担をかけました。
職場でも、しょっちゅうトイレへ吐きに行くので、サボっているのではないかとか、疑う人も出てきて辛い思いもしました。
だんだんお腹が膨らんできて、胎動を感じるようになってからは、お腹をさすって赤ちゃんに話しかけるだけで、辛い気持ちがうんと軽くなりました。
臨月の頃になると、すっかり吐くのにも慣れて、苦しむ事も無くなりました。
赤ちゃんの成長は順調でしたし、私自身は少し痩せたので、終わり良ければ全て良し!と思えるようになりました。
つわりで長い間苦しんだ分、赤ちゃんが産まれた時の感動はひとしおです。
つわりは個人差ですが、乗り越えた先に赤ちゃんから、たくさんの幸せを貰う事が出来ます。だから、プレママの皆さん頑張って下さい。